×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

過去ログLOG

2010-11世代寸評0901-0950

※お断り
この寸評は、あくまで実際の競馬に於いて求められる能力とは異なった能力を要求する「POG」というゲームにおいての評価にすぎません。
例えば、晩成傾向の血統やダート馬は、それだけで評価が下がりますが、
2歳夏から動ける早熟血統だと、1勝プラスα程度の能力でも、高評価だったりします。
これらの評価は、あくまで「POG」というゲーム上におけるものです。

寸評0901 ディヴァインクレア 牝
父ディープインパクト
母ペトラ(母父ヘクタープロテクター)
子馬物語41ページ
募集価格3300万円(ひだかBU) 栗東・池江郎
2010年5月14日執筆

近親ディープインパクト
バークレアの3×3という牝系クロス。
この牝系クロスは非常に興味深い血統。
この下もディープインパクト産駒、というあたり、この馬の出来も良さそう。
評価:D
<2010年5月17日追記>
優駿5月号No.064

池江パパ厩舎だったのか。
となると、2月定年、転厩が確定的。
その辺のリスクをどう見るか、が勝負。
評価:D

寸評0902 ナイスアゲイン 牡
父ディープインパクト
母ビューティソング(母父デインヒル)
子馬物語44ページ
募集価格2500万円(ターファイト) 美浦・尾形
2010年5月14日執筆

曾祖母マックスビューティ
母はマックスビューティ唯一の後継牝馬。
クラブにもそれなり以上の馬を出している牧場だし、信頼出来そう。
今後の情報に期待。
評価:D
<2010年5月21日執筆>
まるごとPOG22ページ

父の産駒らしくない500キロオーバーの馬体がどう出るか、という点では来年以降のために注目しておきたい1頭ではある。
ただ、生まれた時期もディープインパクトが一番種付けが多かった時期で体質面に不安が出やすいタイプと思えるだけに
http://ameblo.jp/fue-gum/entry-10194642366.html
大きな馬体というのはそれだけで現時点ではスルーしておきたくなる1頭。
評価:E

寸評0903 エーシンチェロキー 牝
父ディープインパクト
母エイシンテネシー(母父Vice Regent)
子馬物語46ページ
2010年5月15日執筆

半姉エイシンワンシャン3着忘れな草賞
片目が青いのがかわいいね。去年はチェリーソウマが両方青目だったけれど。
コレが競走能力に関係はないけれども、こういう特長のある仔をチェックしておきたい。
評価:D

寸評0904 オネストリーダーリンの08 牝
父ディープインパクト
母オネストリーダーリン(母父Kingmambo)
子馬物語46ページ
2010年5月15日執筆

従兄ゴールドアリュール
この牝系は魅力的で、POG期間からの活躍が期待できそう。
POG本でも取り上げられているようで、今後に期待
評価:D
<2010年5月20日追記>
まるごとPOG11ページ
馬主:青山洋一氏 栗東・藤岡健

コメントを素直に読めば、体は小さいし、未だ力をつけていない、ってことでPOGでは消し。
厩舎もイマイチ有力どころでもないしね。
評価:E

寸評0905 ガヴィオラの08 牝
父ディープインパクト
母ガヴィオラ(母父Cozzene)
子馬物語47ページ
2010年5月15日執筆

雑誌掲載もその後産駒登録なし……
ちなみに、1個上の持込馬も生後直死。
産駒の体質が気になる血統。
評価:Z

寸評0906 カンサイジェンヌの08 牝
父ディープインパクト
母カンサイジェンヌ(母父コマンダーインチーフ)
子馬物語47ページ
2010年5月15日執筆

兄姉上2頭が未勝利……というか、3代母以来、JRA勝ち馬なし。
流石にこれは血統的に消しが無難か。
評価:E

寸評0907 ボレアス 牡
父ディープインパクト
母クロウキャニオン(母父フレンチデピュティ)
子馬物語49ページ
馬主:金子真人HG 栗東・吉田
2010年5月15日執筆

母は3着兵庫JG、半兄クロウキャニオンはJRA2勝
現3歳、母の初仔の兄は期間内に2勝。
母、祖母と違う厩舎なのは気がかりだが、既に馬名も登録されているし、今後の情報をチェックしておこう。
評価:D
<2010年5月20日追記>
まるごとPOG7ページ

この馬の上のようにダート馬に出る可能性はあるとはいえ、やはり母父フレンチデピュティ、ってのは現時点で既に並み以上の成績を残している。
実績のある血統だけに注目してみたい。
評価:D

寸評0908 ロードランパート 牡
父ディープインパクト
母ジャズキャット(母父Storm Cat)
子馬物語50ページ
募集価格3990万円(ロード) 栗東・池江寿
2010年5月15日執筆

半兄ロードマジェスティOP2勝
ロードで既に満口。
一応、クラブでは評価が高いようで注目。最新の情報もチェックしたい。
評価:D
<2010年5月21日追記>
まるごとPOG23ページ

近親タバスコキャット
母の全兄にタバスコキャットという良血なんだが、この牝系から日本での大物は出ていない。
タバスコキャットも輸入種牡馬としていまいちだし、日本向きの血統ではないということか。
若干短距離馬っぽいコメントでデビューが遅れそうなのも減点。
評価:E

寸評0909 エパティック 牝
父ディープインパクト
母スカイアライアンス(母父Sky Classic)
子馬物語51ページ
2010年5月15日執筆

母は米G3勝ち
新潟のローカル番組で馬名募集されたとか。
ローカル番組やローカル雑誌関連馬は未勝利の馬が普通にいるからなあ。プッシュはしづらい。
ただ、母は重賞勝ちだし伯父は種牡馬。血統には注目したい。
評価:D
<2010年5月20日追記>
まるごとPOG14ページ
馬主:齋藤四方司氏 美浦・堀

四方司さんは馬名公募に理解があって、ハシッテホシーノの馬主だったりもしたはず。
ただ、美浦・堀ってのが信頼おけない厩舎だけに、此処に入ったらPOGでは消しということにしている。
評価:E

寸評0910 ヒラボクインパクト 牡
父ディープインパクト
母ドリームカムカム(母父メジロライアン)
子馬物語55ページ
馬主:平田牧場 美浦・国枝
2010年5月15日執筆

母はOP2着2回
美浦では数少ないG1を狙える厩舎。
母は夏の昇り馬として秋華賞に出走し、その後もOP2着など活躍。
その産駒としてかなり評価が高いようで、期待しておいてみたい。
評価:D

寸評0911 ビッグハッピーの08 牝
父ディープインパクト
母ビッグハッピー(母父アフリート)
子馬物語56ページ
2010年5月15日執筆

半姉ヤサシイキモチJRA2勝、近親ビッグウルフ
姉は期間内2勝、紫苑S5着等活躍。
父がビッグサンデー→ディープインパクトで、これ以上の結果が当然のように期待できる。
ダートでの活躍馬が目立つ牝系ではあるが、芝での走りも期待でき、指名候補になり得るだろう。
評価:D
<2010年5月20日追記>
まるごとPOG21ページ
栗東・藤原英

函館入厩の可能性もある仕上がりの早さは心強いところ。
早期デビューならかなり狙い目だろう。今後の情報をチェックして行きたい。
評価:D

寸評0912 フジノハゴロモの08 牡
父ディープインパクト
母フジノハゴロモ(母父サクラバクシンオー)
子馬物語56ページ
2010年5月15日執筆

母の叔父にコロニアルアッフェアー
牝系は一流だが、日本ではさほどの産駒が出ていない。
母父サクラバクシンオーというのも実績がなく、狙いづらいところ。
現3歳の姉が馬名未決定ってのも体質的にも難有りの可能性もあってスルー対象。
評価:E

寸評0913 ボーイントンキャニオンの08 牡
父ディープインパクト
母ボーイントンキャニオン(母父Gone West)
子馬物語57ページ
2010年5月15日執筆

母16歳時の産駒で、これまでJRAでは最高2勝。
能力上限がありそうで、POGでは消しでよさそう。
評価:E

寸評0914 リリオの08 牡
父ディープインパクト
母リリオ(母父フォーティナイナー)
子馬物語58ページ
2010年5月15日執筆

近親ヘクタープロテクター
それなりに期待できる牝系、現時点でも馬主の期待度は高そう。
今後の情報に期待というところか。
評価:D

寸評0915 ダノンバラード 牡
父ディープインパクト
母レディバラード(母父Unbridled)
子馬物語59ページ
2010年5月15日執筆

母は交流重賞2勝
交流重賞で活躍したダート馬の母。
ってことはこの仔もダート馬か?
初めてG1を制覇して意気上がるダノンの馬、ってのは狙いどころっぽいが。
評価:D
<2010年5月17日追記>
優駿5月号No.056

優駿はJRA関連が出している雑誌だけに、牧場ごとの紹介ページで真っ先に紹介される馬ってのは結構信頼できる。
もちろん、競走馬ってのは失敗して当たり前、だけに100%ではないんだけれど。
これは情報をチェックしてみる必要はありそうだ。
評価:D

寸評0916 シロベエ 牡
父クロフネ
母シラユキヒメ(母父サンデーサイレンス)
子馬物語71ページ
2010年5月15日執筆

全姉ユキチャン交流重賞3勝
ディープインパクト以外の産駒の方が、牧場の期待馬を載せている気がしてこの本では期待出来るんじゃないか。
全姉は交流重賞3勝のほか、POG期間内の芝2000の特別勝ちもある。
この配合からは2歳王者のフサイチリシャールも出ており、芝適性も期待できる。
馬体を見ながら、指名を検討していきたい。
評価:C

寸評0917 ソルトキャスケード 牝
父オンファイア
母リリーキャスケード(母父フサイチコンコルド)
子馬物語71ページ
2010年5月15日執筆

全くその後の情報がnetkeibaの掲示板などに出ていないので、プッシュしがたいが。
一応、情報待ちということで。
評価:D

寸評0918 アポロフィオリーナ 牝
父スニッツェル
母ベルビオラ(母父ウォーニング)
子馬物語71ページ
2010年5月15日執筆

この配合からしてスプリンターという気がする。
馬名も登録されているし、早期デビューなら楽しみだ。
評価:D

寸評0919 ポルトチェルボ 牡
父タニノギムレット
母キクノトップレディ(母父ウォーニング)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

近親オースミハルカ重賞4勝
母は未勝利で終わった馬だし、その初仔もいいところなく終わった。
ただ、母の姉も弟も重賞勝ちという良血だけに、巻き返しに期待したい。
評価:D

寸評0920 フィヨルドクルーズの08 牝
父テレグノシス
母フィヨルドクルーズ(母父サンデーサイレンス)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

コレも情報がないのが気がかりだが。
トニービン後継の新種牡馬、ということで父の産駒の活躍には少し期待している。
評価:D

寸評0921 アオイシャトル 牡
父タイキシャトル
母ターフトレジャー(母父Be My Guest)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

数少ない同配合からウインクリューガー(NHKマイルC)が出ている注目配合。
この配合をされた繁殖牝馬は過去2頭だが、どちらも最初の交配馬は勝ち星を挙げている。
そして3頭目、3匹目のドジョウに期待。
評価:D

寸評0922 ユウサンポリッシュの08 牝
父キングカメハメハ
母ユウサンポリッシュ(母父エルセニョール)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

これだけの血統馬で、現在netkeibaでのコメントゼロ、ってのは気がかりだなあ。
全く情報が出ていない、ってことかも。
まあ、今後の情報待ちというか、情報があれば追記することになるだろうし、情報がでないならこのまま動かない事になるのだから……という消極的な評価で。
評価:D
<2010年6月3日追記>
まるごとPOG73ページ
馬主:山岡良人氏 栗東・鮫島

誰も注目していない雰囲気だし、なによりこの兄姉の中で実績のない馬2頭が入った厩舎ってのは気がかり。
ただ、他の本なんかの情報も見てから考えたいところではある。
評価:D

寸評0923 ケイティディドの08 牡
父ゼンノロブロイ
母ケイティディド(母父Nureyev)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

半兄ゼンノストライカーKBS杯OP
持込の兄が晩成のダート馬として活躍。
それ以外に母の産駒でJRA勝ち馬なし。
で、もう母14歳時の産駒で8番仔ってことはかなり期待しづらいプロフィール。
評価:E

寸評0924 ナドラの08 牝
父バゴ
母ナドラ(母父Sadler’s Wells)
子馬物語72ページ
2010年5月15日執筆

母の産駒はそれなりの結果は出しているとも言っていいかな。
そして、バゴも初年度は期待以上の結果と言っていいだろう。
今後の情報に注目してみたい。
評価:D

寸評0925 シルクユニバーサルの08 牡
父スズカマンボ
母シルクユニバーサル(母父ブライアンズタイム)
子馬物語73ページ
2010年5月15日執筆

母父ブライアンズタイム×サンデー系という配合からはコレまでほとんど活躍馬が出ていなかったが、今年はじめて出た一流馬がラナンキュラス。
この牝系が、ブライアンズタイムとの相性バツグンと言われたパシフィックプリンセス系。
この馬も、父SS系×母父ブライアンズタイム×パシフィックプリンセス系という配合は同じ。
狙い目かな、と言いつつスケールダウンはしているが。
評価:D

寸評0926 エメラルブライト 牡
父ファンタスティックライト
母ストロベリーフェア(母父Kingmambo)
子馬物語73ページ
2010年5月15日執筆

馬主:高橋勉氏 栗東・西浦
既に馬名登録はされていて、それなりに早く出てきそう。
ってことは、追い切り情報でも見てからさらに検討していけばいい。
評価:D
<2010年5月26日追記>
まるごとPOG49ページ

ダート馬っぽいところを見せていた、ということで芝適性にも疑問が残るし、そんなに動きが良さそうな雰囲気もない。
馬主、厩舎ともそんなに評価されているところでもなく、スルーしていいだろう。
評価:E

寸評0927 マルブツファイト 牡
父ファンタスティックライト
母ミスイースター(母父ウォーニング)
子馬物語73ページ
2010年5月15日執筆

半兄マルブツイースター(小倉2歳S)、ダイメイザバヤリル
兄同様早期デビューなら楽しみだが、情報が未だ少ない。
今後の情報に期待としておこう。
評価:D

寸評0928 チーフハインドの08 牝
父ルールオブロー
母チーフハインド(母父チーフベアハート)
子馬物語74ページ
2010年5月15日執筆

父の主な勝ち鞍はセントレジャーと期待しづらい新種牡馬。
同じような血統でもう少しトレンドの距離を勝ってきたはずのアルカセットも種牡馬としてかなり期待はずれに終わっていて、この血統のダーレー種牡馬は今の時点では信じられない。
この種牡馬だけで消しでよさそう。
評価:E

寸評0929 エリモメロディーの08 牡
父アッミラーレ
母エリモメロディー(母父ロドリゴデトリアーノ)
子馬物語74ページ
2010年5月15日執筆

半姉エリモハルカ
ナリタトップロード産駒の中でも上位の活躍を見せたエリモハルカの半弟。
母の妹の産駒からは現3歳でも最高レベルの素質を見せたリディルがいて、かなり期待の血統。
情報が出てくれば楽しみも見つかりそうなんだが。
評価:D

寸評0930 リターンキャストの08 牡
父マヤノトップガン
母リターンキャスト(母父ノーザンテースト)
子馬物語74ページ
2010年5月15日執筆

全兄オーシャンエイプス
兄の新馬勝ちには多くの人が期待したが、その後、期待ほどの結果が出たとは言い難い。
ただ、兄をはじめ結構POGでも成功している牝系で、狙い目かも。
評価:D

寸評0931 ユウタージェンヌの08 牝
父アドマイヤジャパン
母ユウタージェンヌ(母父キャプテンスティーヴ)
子馬物語74ページ
2010年5月15日執筆

父アドマイヤジャパンは、ディープインパクトと直接対決した同世代では最も健闘した馬。
とにかく、ディープインパクトがいなければ……という世代の1番手だと思える馬だし、その妹ブエナビスタという実績のある血統の父。
種牡馬として期待している人は多く、その中でも思った以上の仔が出たと言ってるこの馬には期待。
評価:D

寸評0932 ユキノビジンの08 牝
父ティンバーカントリー
母ユキノビジン(母父サクラユタカオー)
子馬物語74ページ
2010年5月15日執筆

母は桜花賞オークスで2冠馬ベガの2着
確かに活躍した母だし、毎年産駒を出しているのはいいんだが。
ここまで活躍馬皆無の18歳時産駒ってのは狙えない。
評価:E

寸評0933 ジョーポジティブ 牡
父ファンタスティックライト
母ジョーフュージョン(母父オペラハウス)
子馬物語75ページ
2010年5月15日執筆

初仔の現3歳はイマイチに終わった母だが、この配合は当たればデカそうな予感。
ハッピーネモFってのは育成で名前が出てきそうだし、期待しておこう。
評価:D

寸評0934 メガミゲランの08 牝
父ロックオブジブラルタル
母メガミゲラン(母父シェイディハイツ)
子馬物語75ページ
2010年5月15日執筆

母はJRA7勝
母にしても、その産駒にしても晩成傾向の血統。
POGではスルーで良さそう。
評価:E

寸評0935 エアジョイント 牡
父ディープインパクト
母エアデジャヴー(母父ノーザンテースト)
優駿5月号No.001
馬主:ラッキーフィールド 美浦・伊藤正
2010年5月15日執筆

半姉エアメサイア(秋華賞)、近親エアシャカール
3冠に一番近づいた2冠馬、エアシャカールの姉の産駒であり、母自身も重賞勝ち、その産駒が秋華賞勝ちという、超一流の牝系。
この牝系で結果を出した伊藤正厩舎、ってのも狙いどころのポイント。
調教情報、デビューへの目処などをチェックして行きたい1頭。
評価:D

寸評0936 エアザイオンの08 牡
父アグネスタキオン
母エアザイオン(母父グルームダンサー)
優駿5月号No.002
2010年5月15日執筆
母はクイーンS勝ち
母の産駒成績は、2番仔が3勝したのみ、と期待はずれ。
母父グルームダンサーという血統全般が期待はずれという印象。
これは消しでもいい血統。
評価:E

寸評0937 ルルーシュ 牡
父ゼンノロブロイ
母ダンスーズデトワール(母父Highest Honor)
優駿5月号No.004
美浦入厩予定
2010年5月15日執筆
父ゼンノロブロイは今年期待の社台の2年目種牡馬。
ただ、母父Highest Honorは骨董品
http://ameblo.jp/fue-gum/entry-10124165945.html
ってことで消してみる。
評価:E

寸評0938 オメガアイランドの08 牡
父ゼンノロブロイ
母オメガアイランド(母父エルコンドルパサー)
優駿5月号No.006
美浦入厩予定
2010年5月15日執筆

近親ハーツクライ
現3歳の姉も期間内2勝と、晩成傾向の牝系の割には早めの活躍が期待できそう。
今後の動き次第だが、2年目のブレイクが期待される父に、初仔からある程度結果を出した母。
注目して行く必要はあるだろう。
評価:D

寸評0939 アサクサアクセル 牡
父ゴールドアリュール
母バースデイローズ(母父トニービン)
優駿5月号No.007
馬主:田原慶子氏 美浦・戸田
2010年5月15日執筆

兄トーセンファントム
兄は現3歳でかなり素質を見せたが、朝日杯FS後重度の故障で乗馬に。
そんな兄の無念を背負って……ということではあるが、馬主も厩舎も替わってしまったんだよなあ。
それでも、素質のありそうな牝系であることに違いないので、ここは狙ってみてもいいかも。
評価:D

寸評0940 ロベルタ 牝
父ブライアンズタイム
母グレースアドマイヤ(母父トニービン)
優駿5月号No.019
栗東入厩予定
2010年5月15日執筆

全兄ヴィクトリー(皐月賞)
ハロン14秒台まで進んでいる調教から、問題なくデビューしてくるんではなかろうか。
出てくればそれなりに稼ぐ血統だし、血統の価値どおり上位指名しても問題なかろう。
評価:B

寸評0941 ヒッショースマイル 牝
父ゼンノロブロイ
母フェアバンクス(母父Bering)
優駿5月号No.022
馬主:齋藤四方司氏 美浦・栗田
2010年5月15日執筆

風格、とかいう言葉はPOG本ではアテにならないような。
栗田厩舎、って点で実績も乏しいし消しでいいだろう。
評価:E

寸評0942 ニシノファブレッド 牡
父Giant’s Causeway
母マラチバンド(母父Dixieland Band)
優駿5月号No.034
栗東入厩予定
2010年5月15日執筆

Giant's Causeway産駒も今年はエイシンアポロンが結果を出したし、日本で活躍できる馬が出てきている。
西山牧場の優駿での1番手、ということでこの馬は狙いどころなのかも。
まだ調教が進んでのコメントが出ていないのは気がかりだが。
評価:D

寸評0943 ニシノジャブラニ 牡
父シンボリクリスエス
母セイウンアグライア(母父Singspiel)
優駿5月号No.035
馬主:西山茂行氏 美浦・上原
2010年5月15日執筆

シンボリクリスエス産駒の早期デビュー、っていい印象ないし、ニシノでは上原厩舎ってのも印象にない。
ダート馬っぽい配合でもあるし、これはPOGではスルー。
評価:E

寸評0944 ニシノショータイム 牡
父サクラバクシンオー
母ニシノボナリー(母父ニホンピロウイナー)
優駿5月号No.036
馬主:西山茂行氏 美浦・杉浦
2010年5月15日執筆

全姉ニシノマオ2着小倉2歳S
デビューも早そうだし、短距離でこその血統。
早期デビューしてくれれば結構小銭稼ぎしてくれそう。
祖母がニシノフラワーの母で、そこにニホンピロウイナー→サクラバクシンオーと、日本の短距離血統の粋を集めたような配合は魅力。
評価:C

寸評0945 ニシノデンコウ 牡
父ブライアンズタイム
母ブランドアート(母父ビショップボブ)
優駿5月号No.037
美浦入厩予定
2010年5月15日執筆

半兄ニシノプライド
セイウンスカイの代表産駒でOP入りして活躍したニシノプライドの半弟。
ただ、母19歳時、最後の産駒という高齢出産はネック。
そして遅生まれ、とPOGで狙うには少し厳しい条件。遅めの出世からでも、活躍して欲しいとは思うが。
評価:E

寸評0946 ニシノクエーサー 牡
父ストラヴィンスキー
母ニューサイエダッティ(母父Shadeed)
優駿5月号No.038
馬主:西山茂行氏 美浦・河野
2010年5月15日執筆

コンゴウリキシオーなどの活躍で日本に輸入された父だが、輸入初年度は期間内2勝馬が出た程度と期待はずれの結果に。
どちらにしてもマイルまでの血統だし、チョット狙いづらいところではある。
まあ、夏デビューならなんとか狙い目もあるか。
評価:D

寸評0947 ニシノカーリー 牝
父Shamardal
母オンリーザロンリー(母父Bering)
優駿5月号No.040
2010年5月15日執筆

近親プライド(英チャンピオンS)
ディープインパクトが3位入線した凱旋門賞で、2着したプライドの姪。
レイルリンクの甥、ってのもいるし、西山さんどんだけあの凱旋門賞が好きやねん、って感じで。
まあ、牧場潰れたんだけれど。
しかし、この重い父だと、繁殖要員かなあという感じで日本適性は期待しづらい。
評価:E

寸評0948 ニシノテキーラ 牝
父マンハッタンカフェ
母リーヴザマーク(母父Kingmambo)
優駿5月号No.041
馬主:西山茂行氏 栗東・浅見
2010年5月15日執筆

近親ムタファーウエク
母父Kingmambo、ってのは牝馬が走らないね。
というか、父父Kingmamboってのでも、今年のキングカメハメハが例外だ、ってくらい走らない。
ニシノも落ち目だしどうなんだろう、って中で、こういう血統情報があると指名する気は起きない。
評価:E

寸評0949 ニシノゼーレ 牝
父ロージズインメイ
母ニシノハナグルマ(母父パラダイスクリーク)
優駿5月号No.042
2010年5月15日執筆

スピードは一番、っていうけれど、ロージズインメイ産駒というのは信頼しづらい。
一応、次の情報も見てみよう。
評価:D

寸評0950 ニシノキラボシ 牝
父ジャングルポケット
母ニシノムーンライト(母父Diesis)
優駿5月号No.043
馬主:西山茂行氏 栗東・田所秀
2010年5月15日執筆

半兄ニシノメイゲツ芙蓉S
兄をNHKマイルCで本命にして損した。
まあ、それでもG1の舞台に出てくるような兄と似ている、ってのはちょっと狙い目か。
って性格的な面は似ていて当たり前じゃないか。動きはどうなんだろう。
そういうコメントがない分割引で……消しでいいや。
評価:E

秘密結社ふえがむ

本家ブログ
http://ameblo.jp/fue-gum/