×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

過去ログLOG

2010-11世代寸評1101-1150

※お断り
この寸評は、あくまで実際の競馬に於いて求められる能力とは異なった能力を要求する「POG」というゲームにおいての評価にすぎません。
例えば、晩成傾向の血統やダート馬は、それだけで評価が下がりますが、
2歳夏から動ける早熟血統だと、1勝プラスα程度の能力でも、高評価だったりします。
これらの評価は、あくまで「POG」というゲーム上におけるものです。

寸評1101 ゼフィランサス 牝
父キングヘイロー
母モガミヒメ(母父カコイーシーズ)
まるごとPOG55ページ
馬主:村田牧場 栗東・昆
2010年5月28日執筆

甥ローレルゲレイロ
ローレルゲレイロの祖母の産駒で、父キングヘイローという似た血統の1頭。
ただ、母16歳という高齢で、チョット狙いづらいところ。
繁殖牝馬としての価値はありそうな1頭だが、競走馬としての期待値は姉の産駒であるローレルゲレイロ全弟の方が上じゃなかろうか。
評価:E

寸評1102 ロッチダンスの08 牡
父スターオブコジーン
母ロッチダンス(母父ワッスルタッチ)
まるごとPOG55ページ
栗東入厩予定
2010年5月28日執筆

全兄マッハジュウクン
全兄と同じようなタイプ、ということで、兄の成績をヒモとけば、1勝目2勝目とPOGで期間内には挙げているものの、それぞれのクラスで何戦もしてようやく、という感じで勝ち上がっている。
徐々に力をつけるタイプ、小銭を稼いでくれてPOGでは当たり、といえば聞こえがいいが、能力の上限は明らかでPOG期間に完成するタイプでもないとなれば、ちょっと狙いづらいところ。
評価:E

寸評1103 イイデタイガー 牡
父ステイゴールド
母シャンハイレディ(母父シャンハイ)
まるごとPOG55ページ
馬主:アールエスエーカントリー 栗東・池添
2010年5月28日執筆

母はJRA5勝
母はダート短距離で活躍したが、産駒は上2頭がともに未出走。
まず、兄たちが出走出来てすらいないということで体質面で懸念が。
そして、出てきたとしてダート馬ぽいのが狙いづらくスルーが賢明。
評価:E

寸評1104 イイデステップ 牝
父ファンタスティックライト
母パレガルニエ(母父シアトルダンサーU)
まるごとPOG55ページ
馬主:アールエスエーカントリー 栗東・北出
2010年5月28日執筆

母は南関東重賞2勝
基本、JRAでは下級条件クラスで終わっている牝系。
牝系の能力を大きく超えるような産駒は期待しづらく、POGではスルー。
評価:E

寸評1105 ノブサプライズ 牡
父マーベラスサンデー
母ユーワオトメ(母父ナリタブライアン)
まるごとPOG55ページ
馬主:前田亘輝氏 栗東・昆
2010年5月28日執筆

TUBEの前田亘輝の4世代目の産駒。
まだ勝ち馬がなく、というか出走すら3世代目の現3歳がようやく果たした訳だ。
こんな小規模馬主、と考えたら狙いづらく、「TUBEのファンなら前田氏と一緒に応援する意味で指名」というくらいにしておいて、俺はスルーしよう。
評価:E

寸評1106 キングウェリナ 牡
父キングカメハメハ
母シルクファビュラス(母父Devil‘s Bag)
まるごとPOG56ページ
馬主:宮川純造氏 栗東・領家
2010年5月28日執筆

曾祖母は米G1・5勝を含め米21勝の名牝……なんだそうだが、血統的に誇るべきポイントがそこしかないのもね。
確かに、21勝もするくらい使い込まれた牝馬は仔がイマイチってのはよくある話だし、孫曾孫の代で爆発する名牝、ってのもよく聞く話。
ただ、それでも、それならそれで1頭くらいは牝系から目立つ馬を出していて欲しいところで、この牝系復活、というのがあるとしても「アタマとシッポはくれてやれ」、1頭出るまでは全スルーでいい。
評価:E

寸評1107 ビービーバカラ 牝
父ゼンノロブロイ
母フォレストビーナス(母父エルコンドルパサー)
まるごとPOG56ページ
馬主:坂東牧場 美浦・松山康
2010年5月28日執筆

確かにシラオキの牝系は名牝系ともいえるが、最近活躍馬を出していない分枝だけに、血統的にいいとは言い難い。
美浦・松山康厩舎というのも、名門とはいえ最近活躍しているとも言い難く。
確かに、名門復活してくれれば嬉しくはあるが、これは心の底でちょっと祈るにとどめて、POGではスルー。
評価:E

寸評1108 デザートオアシス 牡
父Kheleyf
母フラグラントオアシス(母父Rahy)
まるごとPOG57ページ
馬主:マクトゥームファミリー 厩舎未定
2010年5月28日執筆

父は英G3を勝った程度の馬で、たぶんダーレーの馬だったりしたんだろうか。
ハウス種牡馬の産駒、ってことで、海外の馬で思い入れもないのでマクトゥームファミリーが勝手にやってくれればいいかなという感じでスルーしておく。
評価:E

寸評1109 フォトジェニック 牝
父Sinndar
母ピクチャープリンセス(母父Sadler’s Wells)
まるごとPOG57ページ
馬主:マクトゥームファミリー 厩舎未定
2010年5月28日執筆

Sinndar産駒は未だ日本で結果が出てないし、その父Grand Lodgeの産駒もシンボリグランが少し走ったくらいのモノ。
日本向きではなさそうな血統で、ある程度結果を出してくるまでPOGではスルー。
評価:E

寸評1110 ヤングチョウサン 牝
父ダンスインザダーク
母ステイヤング(母父サンデーサイレンス)
まるごとPOG57ページ
馬主:長山尚義氏 美浦・小笠
2010年5月28日執筆

父ダンスインザダーク母父サッカーボーイってのはニックス関係。
コレに気づいてこの産駒を追いかけ続けたが、ニックスに気づかせてくれたチョウサン1頭で出がらしだったかなあ。
とはいえ、今年もこの配合はこの1頭しかいないのでチェックしておこう。
評価:D

寸評1111 ヴィヴァヴォーチェ 牝
父アルカセット
母トークショウ(母父ディクタット)
まるごとPOG57ページ
馬主:マクトゥームファミリー 厩舎未定
2010年5月28日執筆

父アルカセットは初年度が振るわず、信頼しづらい。
マクトゥームファミリーがどんな厩舎でどんな活躍を見せるかも不明。
今年はマクトゥームファミリー関連は様子見でよさそう。
評価:E

寸評1112 エリモペレーザ 牝
父キングカメハメハ
母エリモロマンス(母父サンシャインフォーエヴァー)
まるごとPOG58ページ
馬主:山本慎一氏 栗東・清水出
2010年5月28日執筆

母父サンシャインフォーエヴァーは、ブライアンズタイムと同血ながら、種牡馬としては振るわなかった。
種牡馬として成功した同じ血統のブライアンズタイムも母父としてはイマイチで、この血統を母父としては狙いづらい気がする。
厩舎的にも特筆するほど狙えるところでもなく、スルーしておこう。
評価:E

寸評1113 トレジャー 牡
父サッカーボーイ
母ドーサイルサンダー(母父バブルガムフェロー)
まるごとPOG58ページ
馬主:橋場勇二氏 栗東・清水出
2010年5月28日執筆

近親サンダーガルチ
トレジャーって馬名は抹消から5年経って使えるようになったのか。
未だ違和感あるよな、2代目トレジャーが登場するのは。
とはいえ、こういう活躍馬の2代目、ってのは活躍しないで終わると恥ずかしいものなんで、期待できる馬なんじゃないかなと。
サッカーボーイ産駒はナリタトップロードの前から応援していたりするんで、期待してみようかなと。
評価:C

寸評1114 エリモテンユウ 牡
父サクラバクシンオー
母スーパーファイン(母父ブライアンズタイム)
まるごとPOG59ページ
馬主:山本菊一氏 栗東・沖
2010年5月29日執筆

既に馬名登録されていて早期デビューが見込めそう。
スプリンターなのは間違いない血統で、夏の2歳Sでも狙って欲しいところ。
評価:D

寸評1115 トウケイカガヤキ 牝
父タニノギムレット
母トウケイチェリー(母父アフリート)
まるごとPOG59ページ
馬主:木村信彦氏 栗東・飯田明
2010年5月29日執筆

近親ケイアイドウソジン
トウケイの馬主も最近はあまり聞かないよなあ。
あまり有力でもない厩舎だし、母父アフリートなどダート馬の予感。
評価:E

寸評1116 カノヤロマンの08 牝
父ボストンハーバー
母カノヤロマン(母父マルゼンスキー)
まるごとPOG59ページ
馬主:神田薫氏 栗東・坂口則
2010年5月29日執筆

半兄カノヤバトルクロス5着NHKマイルC
POG期間から活躍して4勝を挙げたカノヤバトルクロスの半弟。
ただ、その兄から9歳下、母16歳時産駒、そのカノヤバトルクロス以来JRA勝ち馬を輩出していない母。
あまり期待は出来ないと見ていいだろう。
評価:E

寸評1117 エリモミヤビ 牝
父ブライアンズタイム
母エリモセレブ(母父ダンスインザダーク)
まるごとPOG59ページ
馬主:山本敬晴氏 栗東・佐々木晶
2010年5月29日執筆

近親エリモシック
エリモの竃馬というべき牝系に、エリモの活躍馬を多数輩出してきた「父ブライアンズタイム」、今期待の母父「ダンスインザダーク」という配合。
ただ、素質に関するコメントが「素質より努力の仔」っておい。
素質ないんかい。
評価:E

寸評1118 メジロキャニオンの08 牡
父ソングオブウインド
母メジロキャニオン(母父モガミ)
まるごとPOG59ページ
馬主:岡浩二氏 栗東・大根田
2010年5月29日執筆

この馬は九州産、ということで。
九州の9はドラフト9位の九だぜ?
こういうページで取り上げられる九州産という時点で注目。
評価:C

寸評1119 ニシノユメマクラ 牝
父アグネスデジタル
母パラディナ(母父Rahy)
まるごとPOG61ページ
馬主:西山茂行氏 美浦・河野
2010年5月29日執筆

西山牧場でよく見る血統ではあるが。
4代母の活躍がコメントで書かれるように、近親に活躍馬がいない。
こういう血統はスルーした方が良さそう。
評価:E

寸評1120 ニシノマッシグラ 牡
父デビッドジュニア
母ニシノチャペル(母父サッカーボーイ)
まるごとPOG61ページ
馬主:西山茂行氏 美浦・萱野
2010年5月29日執筆

どこまでも、いつまでも、こんどこそ、のシリーズ馬名の弟。
あれ以来久々に、そのシリーズに準拠するような名前が付いたが、この兄弟の期待馬の印みたいなものか?
この3頭の兄たち以外の、ノイジー、ブーケトス、ピンヒールは活躍出来ずに終わっている。
馬名で言えば、期待できるパターンだろう。
評価:C

寸評1121 ニシノオウガイ 牡
父ロージズインメイ
母ニシノマイヒメ(母父フォーティナイナー)
まるごとPOG61ページ
馬主:西山茂行氏 美浦・尾形
2010年5月29日執筆

近親ニシノフラワー
母をPOGで指名した訳なんだが、その産駒としてコレまでで一番期待できそうなコメント。
舞姫と言ったら森鴎外の名作、だしね。馬名も良さそう。
ただ、美浦・尾形ってのが狙いづらいね。
評価:E

寸評1122 レッドライオット 牡
父バゴ
母マキバマイニング(母父マイニング)
まるごとPOG62ページ
募集価格960万円(東京TC) 美浦・戸田
2010年5月29日執筆

ハロン20秒前後と、あまり調教が進んでいないようにも見えるが、ちょっと前までは負荷を上げて夏デビューというのも検討していたとか。
ということは、順調に来ていると言ってもよく、秋頃には競馬場に姿を表すことになるだろう。
初年度健闘したバゴ産駒。少しチェックしておこう。
評価:D

寸評1123 キミニアエタキセキ 牝
父サクラバクシンオー
母テンシノキセキ(母父フジキセキ)
まるごとPOG62ページ
募集価格2500万円(ひだかBU) 栗東・橋口
2010年5月30日執筆

母はセントウルSなどJRA9勝、姉カレンナホホエミ(フェニックス賞)
母もPOG期間から走ったし、姉も新馬→2歳OPを連勝。
この馬も順調で小倉2歳Sを目指すとか。
コレも要チェックの1頭だろう。
評価:D

寸評1124 ラスティンメモリー 牝
父ダンスインザダーク
母メモリーズオブロニー(母父Storm Cat)
まるごとPOG62ページ
募集価格1600万円(ひだかBU) 栗東・坂口則
2010年5月30日執筆

兄ツルマルジャパン
兄姉は結構みんな小倉デビューから活躍。
ただ、ダンスインザダーク産駒の早期デビューというのは全く結果が出てない。
評価:E

寸評1125 ワンダーフォルテ 牡
父アフリート
母オオシマルチア(母父クリスタルグリッターズ)
まるごとPOG62ページ
馬主:山本信行氏 栗東・藤岡範
2010年5月30日執筆

半兄カルストンライトオ
兄は活躍したとは言え晩成スプリンターでPOGでは微妙。
父アフリートってのもダート馬くさいし。
母18歳時の高齢出産ってのも……狙いづらい要素ばかりだ。
評価:E

寸評1126 ブラボースキー 牡
父ストラヴィンスキー
母ブラボーサンライズ(母父サンデーサイレンス)
まるごとPOG63ページ
馬主:松岡隆雄氏 栗東・音無
2010年5月30日執筆

半姉ブラボーデイジー(福島牝馬S)
活躍した姉もPOG期間終了後の出世だしね。
POG期間には全く実績のない血統。牝系を通じて。
ってことで消しの一手で。
評価:E

寸評1127 トスカーナ 牝
父Medecean
母ロワージ(母父Green Desert)
まるごとPOG63ページ
馬主:マクトゥームファミリー 厩舎未定
2010年5月30日執筆

父は聞いた事ない種牡馬だが、Machiavellian後継種牡馬、ってのはなかなかコンスタントな成功をしている。
無視までは仕切れない血統で、ちょっと情報がほしいところ。
評価:D

寸評1128 ヴィーヴァタキオン 牝
父アグネスタキオン
母ファームキャット(母父Storm Cat)
まるごとPOG63ページ
馬主:芹澤精一氏 美浦・相沢
2010年5月30日執筆

兄ダークウィザード
皐月賞にも出走した兄からは10歳下、母16歳時の11番仔ってのは狙いづらい。
それ以外目立った産駒もおらず、見限るのが賢明だろう。
評価:E

寸評1129 プレシャスキールの08 牡
父アグネスタキオン
母プレシャスキール(母父ノーザンテースト)
まるごとPOG63ページ
馬主:松岡隆雄氏 栗東・石坂
2010年5月30日執筆

近親マルゼンスキー
母13歳時産駒、ということで、母父ノーザンテーストにしては案外若い。
そして、牝系はマルゼンスキーの母シルまで遡る。
この血統が活躍したら格好良いとは思うが、この牝系からマルゼンスキー以外、せいぜいG3クラスまでしか出ていない、ってのは狙いづらいなあ。
評価:E

寸評1130 デボネア 牡
父アグネスタキオン
母ヴェルヴェットクイーン(母父Singspiel)
まるごとPOG63ページ
馬主:マクトゥームファミリー 厩舎未定
2010年5月30日執筆

タキオン産駒で530キロとか、故障確率が100%に極めて近いだろう。
その時点で消し。
評価:E

寸評1131 ゴールデンイヤーズ 牡
父アグネスタキオン
母ローズクラウン(母父コマンダーインチーフ)
まるごとPOG63ページ
馬主:千明牧場 美浦・鈴木伸
2010年5月30日執筆

この配合はリトルアマポーラなどを輩出している成功配合ではある。
母5歳時の初仔で、未知数な繁殖だけに期待したいところ。
ただ、この厩舎ってのはあまり期待値が高くないのかな。
評価:E

寸評1132 オペラレディの08 牡
父シンボリクリスエス
母オペラレディ(母父オペラハウス)
まるごとPOG63ページ
馬主:星野壽市氏 美浦・相沢
2010年5月30日執筆

祖母レディステラはフェアリーSを含め2歳時にJRA4勝
祖母は超早熟の1200専用機だったりしたわけで。
逆に言えば、成長力のなさすぎる牝系は気がかり。
父、母父から早期の完成というわけでもなさそうで、狙いづらい。
評価:E

寸評1133 ヨイチサークル 牡
父マイネルセレクト
母ミサトスパーロング(母父ロングリート)
まるごとPOG64ページ
馬主:加藤與一氏 美浦・菅原泰
2010年5月30日執筆

マイネルセレクト初年度は、繁殖の質が良くない割には、地方での勝ち星量産など、このクラスの種牡馬の期待度の割には成功していたイメージ。
ただ、だからといってこのレベルの母の産駒で、良血馬相手にタメはってPOGで満足いくレベルの産駒を期待できるかと言うと……
BRFで1頭くらい、期待したくなる程度の良血とかつけてくれていないのかよ。酷だな。
評価:E

寸評1134 メイショウテンカイ 牡
父スウェプトオーヴァーボード
母アクセレラン(母父アグネスタキオン)
まるごとPOG65ページ
馬主:松本好雄氏 栗東・沖
2010年6月2日執筆

祖母は仏G2勝ち
父スウェプトオーヴァーボード、というのは勝ち上がり率はいいがクラシックを狙うには微妙な種牡馬。
母父アグネスタキオンというのもまだ結果の出ていない未知数な母父だし。
牝系としては日本で結果がでておらず、スルーしておこうか。
評価:E

寸評1135 パトリシアローズの08 牡
父マーベラスサンデー
母パトリシアローズ(母父クリスタルグリッターズ)
まるごとPOG65ページ
栗東入厩予定
2010年6月2日執筆

父マーベラスサンデーは、日高のそれなりの繁殖をもらってはいながらもPOG期間では活躍することが少ない。
母14歳時産駒で、ここまでJRAでは1勝馬しか出していない母、では狙いづらい。
評価:E

寸評1136 フラウラ 牝
父クロフネ
母ナカミファンタジア(母父モガミ)
まるごとPOG65ページ
馬主:藤田孟司氏 美浦・小島茂
2010年6月2日執筆

兄フリソ(4着全日本2歳優駿)
全日本2歳優駿4着などPOG期間にも一定の活躍を見せたフリソの半姉。
ただ、やはりダート向きの血統という感じで、POGでは狙いづらいところ。
まだ成長途上、ってことでそこまでデビューが早くなさそうなのも微妙。
評価:E

寸評1137 フジゴンファノン 牡
父ブラックタキシード
母メイショウチャチャ(母父メジロライアン)
まるごとPOG65ページ
馬主:荒木誠氏 美浦・伊藤伸
2010年6月2日執筆

早期デビュー、ということで調教タイムが良ければ指名候補に入れていくことも必要。
ただ、父も産駒数の割には結果は出なかったし、この馬の厩舎もイマイチ実績がない。
現時点ではスルーしておこう。
評価:E

寸評1138 リアライズブレイク 牡
父Invicible Spirit
母Siringas(母父Barathea)
まるごとPOG66ページ
馬主:リアライズ 栗東・森
2010年6月2日執筆

早期デビューだし、稼がせてくれることには定評のある森厩舎。
Green Desert後継の、Danzigからの父系は日本適性にも定評。
動きはいいようなので、指名候補に入れておこうか。
評価:C

寸評1139 リアライズナラック 牝
父Fusaichi Pegasus
母Spree(母父Conquistador Cielo)
まるごとPOG66ページ
馬主:リアライズ 栗東・森
2010年6月2日執筆

本格的に馬を持つようになったのは現3歳からという新興馬主。
森厩舎はこういう馬主に上手く稼がせるという印象があり、狙える血統なら積極的に持っておきたいところ。
ただ、父Fusaichi Pegasusというのは長い間POG期間に結果をほとんど出しておらず、スルーが賢明か。
評価:E

寸評1140 ジョウノビクトリアの08 牡
父シンボリクリスエス
母ジョウノビクトリア(母父サンデーサイレンス)
まるごとPOG66ページ
馬主:小田吉男氏 栗東・森
2010年6月2日執筆

母は2着クイーンC
重賞2着の母など、POG期間から活躍馬を出している牝系。
トップクラスの成績を残す馬こそ少ないモノの、堅実さには期待できる。
ただ、父が不安だが夏デビューということで、もう少し検討したい。
評価:D

寸評1141 レベルスピリット 牡
父シンボリクリスエス
母ジョウノヴィーナス(母父サンデーサイレンス)
まるごとPOG66ページ
馬主:小田吉男氏 栗東・森
2010年6月2日執筆

近親ウインラディウス
ここまで上3頭で1勝のみ。
シンボリクリスエス×サンデーの配合も結果が出ていないことを考えたら期待しづらい血統。
評価:E

寸評1142 リアライズキング 牡
父キングカメハメハ
母ミヤビサクラコ(母父ノーザンテースト)
まるごとPOG66ページ
馬主:リアライズ 栗東・森
2010年6月2日執筆

母はたしかに過去には活躍馬を出しているが、尻すぼみもいいところ。
1億突破したのは1990年代生まれの、兄姉の中でも上5頭。その後は徐々に産駒成績が落ちている。
母19歳時産駒、ということでスルーが妥当。
評価:E

寸評1143 リアライズペガサス 牡
父Fusaichi Pegasus
母Sacahuista(母父Raja Baba)
まるごとPOG66ページ
馬主:リアライズ 栗東・森
2010年6月2日執筆

半兄ヒシサタデーJRA5勝
母高齢でも森厩舎はこき使ってそれなりに結果も出す事はあるんだけれど。
さすがに、母24歳時産駒、って段階で狙いづらい。
14歳上、日本で走った兄はデビューの遅れたダート馬。
この辺も狙いづらい要素。
評価:E

寸評1144 ヤマニンティグル 牡
父グラスワンダー
母ヤマニンスフィアー(母父ホワイトマズル)
まるごとPOG67ページ
馬主:土井肇氏 栗東・橋田
2010年6月2日執筆

母はJRA3勝
ヤマニンさんが大事にしている牝系……ではあるが。
この牝系からは活躍馬が出ていないのが気がかり。
POGではスルーしてしまおう。
評価:E

寸評1145 メジロサンノウ 牡
父キングカメハメハ
母メジロダーリング(母父Green Desert)
まるごとPOG68ページ
馬主:メジロ牧場 美浦・大久保洋
2010年6月2日執筆

母は重賞2勝、2着スプリンターズS、姉はカンナS勝ち
母、姉と短距離のレースで活躍。
この馬もスプリンターではないだろうか。
となれば、POGで狙うには早期デビュー情報が欲しいところなんだが。
評価:E

寸評1146 メジロコウミョウ 牝
父キングカメハメハ
母メジロルルド(母父サンデーサイレンス)
まるごとPOG68ページ
馬主:メジロ牧場 美浦・大久保洋
2010年6月2日執筆

祖母メジロドーベル
名牝の仔は活躍しづらいが、その孫で牝系が復活する、ってのはよくあること。
母は失明して競走馬になれなかったが、これだけの牝系だけに、産駒成績のためにはそれがプラスに働く可能性が高い。
母の産駒に期待、ということで。
評価:D

寸評1147 メジロミョウホウ 牝
父サクラバクシンオー
母メジロラング(母父カーネギー)
まるごとPOG68ページ
馬主:メジロ牧場 美浦・尾形
2010年6月2日執筆

尾形厩舎、ってのは少し気がかりなんだけれど。
サクラバクシンオー×カーネギーってのはニックスじゃないかと推していた配合。
メジロラングにサクラバクシンオーは初めての配合だけに、チェックしてみようか。
評価:D

寸評1148 メジロミョウジン 牡
父タイキシャトル
母メジロビクトリア(母父アフリート)
まるごとPOG68ページ
馬主:メジロ牧場 美浦・土田
2010年6月2日執筆

母はJRA4勝
母は芝で4勝した馬、母父アフリートというのは気にするほどダート向きということではないだろう。
ただ、最近振るわない土田厩舎、ということで期待度は低そう。
評価:E

寸評1149 タガノスカーレットの08 牡
父キングカメハメハ
母タガノスカーレット(母父ノーザンテースト)
まるごとPOG69ページ
馬主:八木秀之氏 栗東・松田国
2010年6月2日執筆

母父ノーザンテースト、というと高齢の印象があるが、母は大種牡馬ノーザンテーストの最後から2世代目で、この馬はまだ母10歳時の産駒。
ただ、この馬は息子名義……なのかな。
代替わり間近、なんだろうけれど、オヤジ健在のうちに、息子名義ってのはなかなか成功しないんじゃないか。
エイシンとエーシンだって、まだエイシンの方がダービー取ったりしてるし。
と思ったら、深見さんところはディープスカイで息子がダービー取ったんだっけ。継続審議で。
評価:D

寸評1150 タガノロックオン 牡
父ロックオブジブラルタル
母タガノチャーリーズ(母父Saint Ballado)
まるごとPOG69ページ
馬主:八木良司氏 栗東・松田博
2010年6月2日執筆

母は3着フェアリーS
母はPOG期間の重賞で結果を出しているし、この馬も育成牧場の中では一番動いているとか。
となれば、POGで狙いやすそうなポイントで、チェックをしておこう。
評価:D

秘密結社ふえがむ

本家ブログ
http://ameblo.jp/fue-gum/